【地雷】「当社から就業中のスタッフもいて安心!!」は危険! 実は全く安心できない理由

何のアピールポイントもない派遣求人にありがちなのが「当社から就業中のスタッフもいて安心!!」というキャッチコピー。

派遣ビギナーからすると“優良案件”と誤解してしまいそうだが実は正反対。危険がいっぱいの地雷地帯である可能性が高いのだ。

例1 全く違う職種、部署で接点が全くない

同じ派遣会社の先輩がいるなら安心かも・・・と思っても職種や部署が全く違って、普段で業務で接点がないという可能性がある。そんなレベルなのをなぜ派遣会社は安心の材料として取り上げるのか全く不明だが、応募してくれれば何でもいいと考えているらしい。

派遣社員は社内で他の部署に間違って人脈を作ることなど並大抵の努力ではできない。社内全体のメーリングリストやチャットルームに入れないことも多く、大企業が派遣先であっても指揮命令者や部署内の限られた数人だけの人間関係で終始過ごすことがほとんど。

正社員の総合職的に色々な部署とやりとりすることは稀なので、他の部署に同じ派遣会社の先輩がいても何の意味もない。

例2 同じ部署、職種なら強力な競争相手!!

同じ部署に同じ職種として同じ派遣会社の先輩がいたとしたら、それはそれで厄介な事態である。

派遣経験がそれなりにあるとイメージが付くと思うが、派遣ビギナーだと実感が湧かないだろう。派遣社員は2カ月や3カ月ごとのコマ切れの契約のため、同じ部署で同じ職種で働いている派遣社員は、同じ派遣会社だろうと他社だろうと、全員ライバルで椅子の取り合いや足の引っ張り合いの相手となるのが通常。

まして、同じ派遣会社の先輩だとしてたら、運よく面倒見のいいボランティア精神あふれる先輩でもない限りは、アラ探しをされて派遣会社に報告されたり、あなたに内緒で派遣会社とあなたの仕事ぶりなどについての情報交換がされたりするので厄介だ。

先輩として敬わないとならないし、万一、ないがしろな言動などしたら先輩の圧力で業務中はもちろん、派遣会社にあることないこと言われかねない。新人が来たというだけでも派遣社員として働く人は内心「自分の交代要員ではないか?」とビクビクするものだが、それが同じ派遣会社からとなると心拍数が余計に上昇する。

数カ月や1年以上働いている自分よりも、新人の派遣社員の方が仕事ができたり周りに馴染むとして交代されてしまう・・・そういう心配が生まれるのだ。だから冷たく扱って芽を潰そうとするわけである。

同じ派遣会社だからと言って仲良くしてくれるとは限らないし、むしろ逆なのだ。20代前半くらいの若い人が多い職場で短期業務とかならまだしも、それなりの社会人経験を積んだもの同士ならそのあたりの事情もわかっているのでギスギスしてしまうかもしれない。

例3 そもそも複数の派遣で回している職場は良くない

そもそも問題だが、同じ部署である仕事を同じようなスキルセットを持った派遣社員で回しているような職場はできれば避けるべきである。

仕事のスキルがあったとしても契約期間の切れ目で特別な理由もなく切られてしまうのが派遣社員の本質だ。正社員と違って解雇するのに理由は特に必要ない。

他のコラムでも言及していることだが、派遣で長期的にスキルを伸ばしたり、直雇用を目指して働くなら、複数人で担当しているような仕事ではなく代わりがいないポジションの仕事が好ましい。

「複数人募集で安心」なんてのも全くの嘘なので注意したい。ここまで読めばお気づきだろうが、いつでも交代要員がいる職場なわけでスキルを伸ばしながら安定就業できる職場ではない可能性が高い。

まとめ 派遣求人のキャッチコピーには気を付けよう

同じ派遣派遣会社から就業している先輩がいるからと言って「だから何?」というのが正直なところである。

すでに付き合いがあるから、契約手続きがスムーズだったり、営業マンが派遣先をよく理解しているかというとそれも微妙である。脳みそがスポンジみたいにスカスカな営業マンの場合は付き合いもスカスカなので、派遣先のことを理解しているかというとそんな保証はない。

求人広告のキャッチコピーに騙されずに、疑う気持ちを最大限ににして自分の目と耳で派遣会社や派遣先を判断するのが良い派遣就業のために大事である。ミーハーなキャッチコピーで誘うアホな派遣会社に身を任せることだけはしてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です