無料チャットツールだけで業務指示は序の口!? 派遣社員がテレワークで遭遇しやすいパワハラの実例と対策

コロナ渦も2年目に入った今日この頃。

WebやIT系職種をはじめとして、PCとスマホがあればバカ上司の顔をリアルで見なくても仕事に全く困らないということが世間的に広く知られてきた。

派遣社員も当たり前にテレワーク(リモートワーク)が許可されるのが好ましいが、それでも頑なに「週3日は出社!」とか「慣れるまで1カ月は出社!」とか、どれだけ日本はIT後進国なのか・・・と考えさせられる昨今でもある。

そんな企業は時代感覚にもIT技術にも取り残されているので、初めから存在しないものとしてスルーするのが賢い派遣社員としてはベストな行動である。

しかし、フルテレワーク可能だからと言っても安心するのはまだ早い。そこにはテレワークならではの異次元のパワハラやストレスが予想されるからである。

フルテレワークでも油断できない理由

職種的な条件を満たし、最低限の時代感覚や従業員の健康管理、IT技術を理解している企業なら、今やフルテレワークがデファクトスタンダードだ。

だが、テレワークにはテレワークなりのパワハラが存在することを忘れてはいけないのである。なぜなら、リアルでバカ上司の顔を見せられることだけがパワハラではないからだ。

個人的な経験で言えば、リアルでパワハラ傾向のある職場はテレワークでもやはりパワハラ傾向が再現される傾向にある。

また、リアルでは何ともない企業でさえテレワークに移行した途端にパワハラ企業と化してしまうケースも少なくない。

実例1 小刻みな1時間ごとなどの業務報告強制

なぜか出社していた時にはざっくりした報告しか必要なかったのに(場合によっては報告など必要なかったのに)、テレワークに移行した途端に「午前、午後で細かく1時間ごとの業務内容を報告せよ」とか「事細かに何やっていたか逐一報告しろ」とか、朝と夕方に業務報告を課せられたりと負担が増えてしまうケースがある。

出社していた時は上司や指揮命令者は指示を出すこともなく報告らしい報告すら求めなかった職場でも、テレワークの途端に業務報告体制が変化してしまう。何でもなかった「空気上司」が急に「モンスターテレワーク上司」と化すのだ。

場合によっては派遣会社にも報告をしないといけない場合もある。派遣社員の場合はあくまでも業務指示の権限は派遣先にあるのだが、業務委託と勘違いしている派遣会社は自社にも報告をさせたいらしい。

テレワークは何やっているかリアルで把握できないからと、何から何まで活字で報告を求められるわけだ。これでは性悪説である。自分たちが雇っている優秀なスタッフをまるで信用していないわけだ。人間不信の温床とも言えるだろう。

報告の文章をまとめるのも10分~15分かかる場合もあるが、まるで石器時代のごとく、IT時代になっても生産性の改善にはなっていない。IT後進国である日本の悲しい特長だ。

実例2 まさしく付け焼刃!! チャットだけで全ての業務指示

コロナ渦で初めてITを駆使したテレワークに急遽、何のノウハウもなく取り組むことになった中小企業に多いのがこれ。徹夜のテスト勉強のごとく、まさしく付け焼刃なのだ。

チャットツールにも色々あるが、大手企業ではMIcrosoftのTeamsなど機能が充実している有料ツールを導入しているのが普通。だが、予算のない中小企業では業務中でも広告がベタベタ出てくるような無料のチャットツール(Chat workなど)を使っている場合がある。

関係者全員がそのツールを使っているのだから、一人だけ別のチャットツールを使うというわけにもいかず。我慢して使うしかないのがまずストレス発生装置だ。

そのうえ、複雑な作業内容や初めて行う業務でもチャットの文章だけで指示が送られてくるだけという有様。コロナ以前からテレワークに取り組んでいる企業なら、複雑な指示は直接、相手の反応を読み取りながら電話でコミュニケーションしたりするものだが、そうした機転もなければ配慮もない。

そもそも、何でもかんでも無料のチャットツールだけで業務が回ると経営層まで勘違いしている。営業以外の職種には通話可能なスマホの支給がないケースもある。

テレワークではPCでのチャットツールとは別に、料金を気にすることなくいつでも通話できる業務用スマホの支給は絶対条件なのだ。それができない企業はテレワーク向きじゃない。まさしく「なんちゃってテレワーク企業」であり、付け焼刃そのもの。ストレスの温床である。

テレワークのストレスは時給制である派遣社員の宿命

よく言われるのが派遣社員に限らず、時間で管理することはテレワーク時のモチベーション低下に大きく影響するということ。

元々、在宅で仕事をしている人というのは個人事業主やフリーランスの人に多かった。彼ら彼女らは時間で管理されているというよりは、成果物の納品が基準であった。いつ仕事をしようが自分次第であって、時間単位でクライアントに管理されていることは少ないのである。(稀に作業時間単位で報酬が管理されている場合もあるにはある)

そもそも派遣社員の場合、普通は時給契約なのでテレワークと相性が悪いのだ。仕事をしていようと仕事をしていなかろうと、時給が支払われるのが派遣の給与の仕組み。

派遣社員にしてみれば、ボーナスも出ずに数か月後の雇用も保証されていないだけに、できるだけ仕事をせずに時給だけ貰った方が得をするのは当然だ。しかし、派遣先企業にしてみれば、同じ時給でできるだけ仕事をさせて使い捨てにしてやりたいという利害の完全不一致が根底にある。

対策はチャットツールのグループ化が有効

派遣で働いていればヤバイ人間の1人や2人は職場で必ず出くわすことになる。それが指揮命令者だったり、派遣契約上で重要な人物である場合は相当な困難となる。まさに宿敵だ。

テレワークではTeamsなど何らかのチャットツールやコミュニケーションツールを導入しているのが一般的だが、チャットには1対1でやりとりするものと、部署や担当案件ごとなどの数人単位でのグループチャットがある。

パワハラ対策のコツとしては、1対1のチャットで危険人物とやりとりするのをできるだけ避けることだ。やりとりの様子が指揮命令者や他の人からも見えるようにグループチャット内で行って貰うように交渉すると良い。

もっとも、指揮命令者や重要人物がヤバイ奴だと、どうしようもないのだが・・・。

まとめ テレワーク特有のパワハラの存在を知ろう

リアルで顔を合わせないからパワハラが起きないかというと、そんなことはないのが現実であったりする。パワハラの有無とテレワークはあまり関係がないのだ。

チャットとメールでのやりとりというのは、顔が見えないからこそ、実際以上にキツく感じたりすることが多いものである。リアルで言われれば感情が伴っているから簡単に流せるようなことも、文章だけだと深く傷ついてしまう場合も多いのだ。きっと、誰しもが経験したことがあるだろうし、ない人もこれから経験することになる。

対策としては、チャットツールではグループチャットを活用すること。メールでやりとりする場合もCCなどを上手く使って、危険人物と1対1のやりとりをなるべく避けることだ。

とは言っても、テレワークは避けようのないパワハラも多い。各自で自分の身を守りながら進んでいくしか道はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です